日経の初夢

こんにちは。

今日の長崎は日が差していますが、ときおり冷たい風も吹いています。

今日の日経に、「年頭仮想ルポ 見たい初夢 見たくない初夢」というのがありますが、その初夢は以下。

・英語が社内公用語になった
・TPPから取り残された
・ユーロ体制が崩れた
・地震の直前予知が実現した
・W杯 ついに日本が栄冠
・原発がいつまでも動かない

日経の考え方がよくわかります。
「TPPから取り残された」「原発がいつまでも動かない」という表現。
つまり、日経は「早くTPPに参加してくれ」「早く原発を動かしてくれ」と思っているのです。まあ、いつもの記事もそんな感じですが。

しかし、日経、「TPPに参加してくれ」と思っているわりには、「英語が社内公用語になる」のは、喜べない感じ(笑)。

TPPに参加すれば、投資、金融、企業経営ほか、さまざまなルールがアメリカ基準になり、働く人はより激しい競争下におかれるでしょうから、英語が社内公用語にならなくても、むしろ、英語をマスターして、グローバルに活躍することを考えたほうがよいと思いますが。

今日も皆さんがハッピーでありますように!