セミナー」タグアーカイブ

長崎大学リレー講座2011 第4回 村上陽一郎氏

リレー講座 第4回目の講師は、科学史、科学哲学、科学技術社会学の研究者である、村上陽一郎氏。
科学と技術の違い、科学の時代的変化と産業・行政との関わり、専門家・市民の科学に対するあり方などのお話でした。原発やGMO(遺伝子組み換え)にもふれた内容で、大変参考になりました。

<セミナーデータ>
タイトル:長崎大学リレー講座2011 東日本大震災後の日本を考える
 第4回「社会と科学・技術との新たな関係を問う」
講師:村上陽一郎氏(東洋英和女学院大学学長)
日時:2011年11月24日(木)18:00~19:30
場所:長崎大学
主催:長崎大学 共催:長崎新聞社
URL:http://www.nagasaki-u.ac.jp/relay-seminar/2011/

続きを読む

長崎大学リレー講座2011 第2回 有馬利男氏

リレー講座 第2回目のテーマは、「地球的課題への対応を問う」でしたが、より正確には「“企業の”地球的課題への対応を問う」という内容でした。
日本及び世界に山積みになっているさまざまな課題に対して、企業は何をなすべきか、そもそも企業とは社会にとってどういう存在で、どうあるべきかという話でした。

<セミナーデータ>
タイトル:長崎大学リレー講座2011 東日本大震災後の日本を考える
 第2回「地球的課題への対応を問う」
講師:有馬利男氏(富士ゼロックス相談役特別顧問、グローバル・コンパクト・ボード・ジャパン議長)
日時:2011年11月2日(水)18:00~19:30
場所:長崎大学
主催:長崎大学 共催:長崎新聞社
URL:http://www.nagasaki-u.ac.jp/relay-seminar/2011/

続きを読む

長崎大学リレー講座2011 第1回 寺島実郎氏

昨年に引き続き、長崎大学で、リレー講座が行なわれたので、その内容をまとめました。

<セミナーデータ>
タイトル:長崎大学リレー講座2011 東日本大震災後の日本を考える
 第1回「激動の2011年をどう総括するか」
講師:寺島実郎氏(日本総合研究所理事長、多摩大学学長、三井物産戦略研究所会長)
日時:2011年10月28日(金)18:00~19:30
場所:長崎大学
主催:長崎大学 共催:長崎新聞社
URL:http://www.nagasaki-u.ac.jp/relay-seminar/2011/

続きを読む

長崎大学 寺島実郎リレー講座 第5回第2部 東洋と西洋の逆転

長崎大学主催の寺島実郎責任監修リレー講座 第5回第2部の内容です。<セミナーデータ>
タイトル:寺島実郎責任監修リレー講座「世界の構造転換と日本の進路」
第5回第2部「東洋と西洋の逆転」
講師:財部誠一氏(経済ジャーナリスト)
日時:2010年12月2日 (木) 15:45~17:00
場所:長崎大学
主催:長崎大学 共催:長崎新聞社

続きを読む

長崎大学 寺島実郎リレー講座 第4回 生命から見直す現代社会

長崎大学主催の寺島実郎責任監修リレー講座 第4回は、下記の内容でした。

<セミナーデータ>
タイトル:寺島実郎責任監修リレー講座「世界の構造転換と日本の進路」
第4回「生命から見直す現代社会 -日本文化を活かす-」
講師:中村桂子氏(JT生命誌研究館 館長)
日時:2010年11月15日 (月) 15:30~17:00
場所:長崎大学
主催:長崎大学 共催:長崎新聞社

続きを読む

ムハマド・ユヌス氏来日記念セミナー

昨日、ムハマド・ユヌス氏のセミナーに行きました。
ユヌス氏の活動は、以前、ノーベル平和賞の受賞より前に、ドキュメンタリー番組で見て、この人は「企業家」として只者ではないと感じました。起業家精神にあふれ、ビジネスセンスがある、と感じたのです。
昨日のセミナーでも、世界的な大企業が赤字転落し、倒産もしているこの時代に、「ソーシャルビジネスは、(その継続のために)損失を計上してはいけない。目的ではないが、利益は上げるべき」という言葉と、それを実現していることが印象的でした。
また、「すべての個人は起業家である」というユヌス氏の言葉は、ベンチャー・リンクの事業コンセプトのひとつ「 ヒューマン・バリュー・イノベーター」を思い出させました。

続きを読む