リレー講座」タグアーカイブ

長崎大学リレー講座2013 戸田奈津子氏

 

<セミナーデータ>
タイトル:長崎大学リレー講座2013 明日を創造する人材の条件
第3回 映画字幕翻訳者 戸田奈津子氏「字幕の裏側 ~異文化理解への道~」
日 時:2013年11月6日(水)19:00~20:30
場 所:長崎大学
主 催:長崎大学 共催:長崎新聞社

■戸田奈津子氏の講演内容

夢が世の中を変える

世の中は移り変わっている。
映画も、フィルム、映写機がなくなり、デジタル化されている。CG(コンピュータグラフィック)、3Dが使われるようになった。
「スター・ウォーズ」は最初、ぬいぐるみを使っていたが、4作目からCGになった。

この作品は、ジョージ・ルーカスが、ティーンエイジャーのときに思いついた話。少年の頭で生まれたイマジネーション。
これを人に伝えたいということで、映画を作り、CGが開発された。

3Dは、ジェームズ・キャメロンの「アバター」が、価値が高い。

キャメロンは、「タイタニック」で巨万の富を得て、お金と時間を3Dの開発に注ぎ込んだ。
カメラから設計し、ソニーとコラボしている。

これも、ティーンエイジャーのときに、キャメロンが思いついた話。立体的に語りたいという思いから、3Dが開発された。

2人とも少年の時の夢がモチベーション。
夢の実現が、CG、3Dの開発となり、世の中を変えた。

字幕は日本の文化

字幕がいいというのは日本だけ。海外は最初から吹き替え(アテレコ)。海外は、字を読むのが面倒というお客さんが多い。

日本は、俳優本人の声を聞きたい、よりリアルなものを正しく理解したいというこだわりから、字幕がいいという要求をお客さんがもっていた。

識字率が高いのも理由。

日本には、じつは誇るべきことが一杯ある。

まず映画ありきの人生

私は映画が好きで、まず映画ありきの人生。

戦後、東京は焼け野原で、飢えたまま。そこに映画が来た。
別世界に見えた。こんなバラ色の世界が地球にあるんだと、日本中が洋画ファンになった。

中学で、英語のテキストをもらったとき、私は、大好きな映画で使われている言葉だから勉強したいと思った。

この世の中で「好き」という気持ちが、一番人を動かす。
恋愛は「好き」だから、相手のことを知りたいと思う。
私は映画が好きだったから、英語を真面目に勉強した。

大学生の時は、教室ではなく、映画館にずっといた。

狭き門どころか門はなかった

大学卒業後、会社に勤めたが、組織がダメで1年足らずで辞めた。

字幕の仕事をやりたかった。しかし、日本で字幕の仕事をしているのは10人ぐらい、すべて男性だった。

狭き門どころか、門はなく、塀に囲まれていた。

10年間、映画の仕事にはまったく関われなかった。本の翻訳やアニメの英訳で食べていた。

映画に関わる

30歳過ぎてから、パートの仕事で、映画の仕事に関われた。アメリカの映画会社の本社から来る手紙を翻訳するという仕事だった。

あるとき、海外の俳優が日本に来るので、通訳をしろと言われた。私は英語をしゃべったことはなかった。けれども、英語がわかる人がおらず、やることになった。

いきなり記者会見の通訳をしたが、英語は下手だった。もう首かと思った。

けれども、首にはならず、また頼まれた。

英語は下手だったけれど、映画の原題がわかるなど、映画の知識があったためだ。

しかし、字幕の仕事は一切来ない。

通訳の仕事は練習であり、機会があればだんだんうまくなる。通じるようになる。
皆、何でも「基本が大事だ」と言うが、私も自ら実験してそう思う。

コッポラのひと声

通訳の仕事では、海外のトップスターや監督と会える。普通、会える機会はゼロの人たちだ。

のべ1000人ぐらいと会ったが、トップの人は、やはりリーダーシップのある、素晴らしい人たちだ。
フランシス・コッポラの「地獄の黙示録」が1979年に出来上がったが、コッポラの通訳の仕事を通じ、ロケ地の海外にも、40代で初めて行った。

コッポラに、何をしたいかと聞かれて、字幕をしたいと言った。
そうしたら、「字幕は戸田さん」とコッポラのひと声でやることになった。
当時、字幕の仕事は1年に1~2本だけで、無名だったが、地獄の黙示録後、手のひらを返したように仕事が来るようになった。

字幕の仕事は、1週間で1本上げないといけないのだが、多いときは、年に40本ぐらいやった。

字幕の仕事は、このように遅いスタートだったので、キャリアはまだ30年にしかなっていない。

日本語力

翻訳、通訳、字幕の仕事は、日本語の力が問われる。

字幕は長いセリフを短く言いかえる必要があり、日本語が問われるのだ。

さっき、日本の識字率は素晴らしいと言ったが、日本も、文字を読むのが面倒くさい、読めない、書けないという、欧米型になってきている。

字幕と吹き替えと選べる、選択肢があるのはいいが、文字を読むのが面倒な人が増えてきたのはよくない。

■戸田奈津子氏の講演 質疑応答部分

字幕で、セリフを省略するポイントは?
映画はお客さんを楽しませるというゴールがあり、ストーリー、プロットがわかるというプライオリティ(優先順位)を考える。

英語の勉強のため、聞き取りやすい映画は?
バック・トゥ・ザ・フューチャーなど。方言やスラングがないもの。

心に残っているフレーズは?
たくさんある。
訳すのは、コメディが難しい。ジョーク、ダジャレは、文化、言葉がわからないと、面白くなく、笑えない。ジェームズ・ボンドは、ダジャレが多くて難しい。

本の翻訳
翻訳者は、自分を出そうとしてはいけない。個性を発揮してはいけない。自分を出すのなら、自分の本を出すほうがいい。

私は、重要なことは本から学んだ。
映画は全部説明してくれるが、本は行間を読むために、頭を使わないといけない。

方言など発音の違いによるユーモアをどう表現するのか?
発音の違いは訳せない。何を言って面白がっているのか、お客さんにわからせることが大事。

有名人による吹き替えが下手だったり、字幕がいまどき使わない古い表現だったりするが
変だと思ったら、映画会社の宣伝部に言ったほうがいい。ネットで言ってもわからない。

日々新しい言葉をどのように学んでいるのか?
英語でわからない表現はネイティブに聞けばいい。映画は大衆向けの娯楽なので、皆がわかる表現しか使われていない。

日本語の流行語はすぐ古くなる。映画はDVDにもなるので、流行語は使えない。

 ◆ ◆ ◆

戸田さんは、映画が好きで、字幕の翻訳者を志すが、映画の仕事を始めるのに10年、字幕の仕事を本格的に始めるのにはさらに10年かかっている。
諦めても仕方のないぐらいの時間だ。

それでも諦めなかったのは、本当にやりたい「好きなこと」だったからだろう。

好きなことを形にし、それで食べていく、軌道にのせるまでには、時間がかかることがある。
けれども、諦めないかぎり、チャンスは巡ってくる。
備えていれば、急にチャンスが巡ってきたときに、一気に開花させられる。その典型のような人だと感じた。

長崎大学リレー講座2013

杉山愛氏

過去の長崎大学リレー講座セミナーレポート

リレー講座 2012 為末大氏 日本マクドナルド社長 原田泳幸氏 寺島実郎氏
リレー講座 2011 東日本大震災後の日本を考える (2011年10~12月)
寺島実郎責任監修リレー講座 (2010年10~12月)

長崎大学リレー講座2013 杉山愛氏

 

今年も長崎大学リレー講座のシーズンとなりました。
そこで、ちっとも更新していなかったブログを、ようやく更新することにしました(笑)。

<セミナーデータ>
タイトル:長崎大学リレー講座2013 明日を創造する人材の条件
第1回 元テニスプレーヤー 杉山愛氏「夢をかなえる生き方」
日 時:2013年10月23日(水)19:00~20:30
場 所:長崎大学
主 催:長崎大学 共催:長崎新聞社

■杉山愛氏の講演内容

アウェイをホームに

テニスのシーズンは元旦から始まる。世界で大きな大会は、年間25~26あり、250日ぐらい。コミュニケーションは英語。

私は中学2年から海外遠征している。
17歳、高2年で、プロになった。その頃は、英語はだいたいわかるようになっていたが、大会前の記者会見など、テニスも英語も気になると負担が増えるので、もっと話せるように独学した。

日本は、町も安全できれい、道路も整っている。ご飯もおいしい。大会の運営もきちんとしている。けれども、海外では、予約していたバスや車が来ないこともあり、いい加減。それで自分の調子を崩さないように心がけていた。

選手同士は、有名な人以外、お互いに知らない。アウェイの世界。
そんななか、個人というより、日本代表という気持ちでやっていた。

コミュニケーションの取り方も日本の常識は通用しない。相手にストレートに言わないと、日本のように遠まわしに言っても通じない。

好きでない国もあったが、好きでないと思うと、気持ちやパフォーマンスが落ちるので、よいところに目を向けたり、ホテルの空間を、アロマオイルや香などで、気に入った場所にした。
ホテルを心地よい空間にして、オンオフの切り替えをする。
そうやってアウェイをホームに変えた。

自分と向き合う

小さなときからいろいろなスポーツをやっていたが、小2でテニスに絞り、世界で活躍しようと思った。トップ10に入ることが原動力となった。

2000年、プロ入りから8年、25歳のとき、ダブルスは絶好調で、世界ランキングナンバーワンになった。
けれども、シングルスは絶不調だった。私は、シングルスにこだわりがあり、絶不調で満たされなかった。

なぜダブルスが絶好調で、シングルスが絶不調ということが起きるのかというと、プレイスタイルがまったく違うから。
しかも、ツアーや練習がダブルス中心だったので、シングルスはスランプに陥った。

しかし、このスランプは、自分と向き合うことのできる、ありがたい時期ではあった。
やめようと思って母に相談したら、「やめても、他に何もできないんじゃない」と言われた。たしかにそうだし、自分はやるべきことをすべてやり切れていないと思った。

しかも、自分はどうすればいいのか見えないのに、母は「見えるわよ」と言った。確かに母にはフォームなどしっかり見えていた。

この時期、自分の精神的な甘さがわかり、自分を見つめることができた。自分磨きをしていこうと思った。

トップの人は精神面もトップ

テニスは、チャレンジングでやりがいのあるスポーツだが、メンタルスポーツと言われる。
最初は、私も精神的に追い詰められた。

世界のトップは、考え方も精神面もトップだと思った。
テニスは意地悪ゲームで、相手の弱いところを攻める。けれども、トップの選手は、それで自分の弱いところがわかるのがありがたいと言う。そして、変化させていた。ものごとのとらえ方がポジティブで、常に前進していた。

落ち込むと深みに入っていくので、オンオフのめりはりを心がけていた。
オフの過ごし方をどうするかで、ツアー生活を楽しめるかどうかが変わる。

私の座右の銘は、「遊戯三昧(ゆげざんまい)」という禅の言葉。
楽しいことをするのではなく、することを楽しむという意味。
目標達成に至るまで、試練もある。
けれども、試練だと思うときは、状況・状況、瞬間・瞬間を楽しんでいない。楽しくない、試練だと思うと、マイナスのスパイラルに陥る。
そこで、自分から状況を楽しむようスイッチをオンにする。気持ちの持ちようということ。

■杉山愛氏の講演 質疑応答部分

選手同士
英語は母国語ではないので、間違っても当たり前だと思っていた。
選手同士、250日ほぼ一緒に過ごすことになる。
大変なのは皆一緒。仲間意識が強い。かけがえのない友だちもできた。

自分を支えるもの
海外の選手は、大きくパワフル。それに比べて自分はと思うと、戦えない。
自分の得意なことを再確認して向き合う。
気持ちの強さが大事。常にエネルギーを下げない。
まわりのスタッフも自分を信じてくれている。家族、親友、サポートメンバーへの感謝を忘れないように心がけていた。

ダブルスのパートナー
私はシングルスにこだわりがあったので、ダブルスは、勝てる相手と組むという視点ではなく、気の合う選手と楽しい時間を過ごすという視点で選んだ。
信頼できるパートナーだと、仲が良いから本音が言える。違う意見でもとことん話す。
お互い調子の良い日、悪い日があるが、うまくいかないときも肩を落とさない。落ち込まない。エネルギー量を下げない。

国による観客のリアクション
国によって観客のリアクションが違う。日本は、選手に感情移入するので、ミスしたときに「はあ」という声が漏れる。気持ちはわかるが、選手はもっと「はあ」と言いたい。しかし、テンションを下げないようにしている。だから、「ドンマイ」とか「頑張れ」と声をかけてもらえればと思う。

元気にプレイするには?
ダブルスではいろいろなペアがいるが、私は、相手がミスしても、「はあ」と言わないようにしていた。「はあ」と言うと、萎縮して打てなくなる。だから、より元気に振る舞う。エネルギーを下げない。そして、次のポイント、次のポイントを考える。

基礎練習は大切だとは思うが、楽しくない。どうしたら楽しくなるのか?
基礎練習は楽しくないかもしれない。しかし、車いすテニス選手の国枝君は、基礎練習は楽しいと言っている。考えなくても体が勝手に動くようになるから。
そうなるまでの回数は2万回だと国枝君は言う。普通1万回と言われている。それだけやれば、本当に体が勝手に動くから楽しい。100回や200回ではない。

これからの若者に求めること
テニスは総合力。技術だけではなく、コツコツと地味な練習を積み重ねていくことや、コミュニケーション、人とのつながり、そして、何よりもポジティブなエネルギーが求められる。
これからの若者にも、一生懸命勉強し、一生懸命遊び、メリハリをつけることを望んでいる。

アウェイからホームへのきっかけ
最初は、栄養を考え、中華屋さんばかりに行っていた。けれども、2年ぐらい経ったら、その地域のおいしいものを教えてもらってそれを食べるようになった。
人と仲良くするだけがホームではない。

母への思い
母はエネルギッシュであり、教育熱心、熱いが、冷静。
スランプのとき、やめてしまいたいとき、「あなたならやれる。何をやればいいか、私は見える」と言ってくれた。
子どものときから、「社会からの預かり物」として考えてくれ、適度な距離感があった。こちらが言うまで待つ、靴ひもを結ぶのに20分待つということをしてくれた。

小学生にどういう教育を行なえばいいか?
私は4歳で好きなものが見つかり、7歳でこれしかないと思い、邁進できた。
いかに自分の好きなことに出会わせられるか、好きなことを見つけるサポートができるか。そして、潜んでいる気持ち、本当に考えていることをどう引き出すかだと思う。
私も、子どもたちがもっているものを引き出そうとコーチングを学んでいる。
(以上)

◆ ◆ ◆

杉山さんが何度も口にされたのが、
「エネルギー量を下げない」「テンションを下げない」「ポジティブにとらえる」、試練をも「楽しむ」ということ。
杉山さんは「トップは、考え方も精神面もトップ」と言われたが、私も、一流の人の特徴は、メンタル的に強いところだと感じる。

普通の人が、基礎練習を100回もやらないうちに挫けるのに、本当に楽しんで2万回基礎練習をできる。そこまでやる、しかも楽しく。
そうだろうな、そうだろうなと、何だかとても安心した(笑)。

過去の長崎大学リレー講座セミナーレポート
リレー講座 2012 為末大氏 日本マクドナルド社長 原田泳幸氏 寺島実郎氏
リレー講座 2011 東日本大震災後の日本を考える (2011年10~12月)
寺島実郎責任監修リレー講座 (2010年10~12月)

寺島実郎氏「世界の中で求められる新しい日本人像」

「長崎大学リレー講座2012」最終回は、寺島実郎氏でした。

75-IMG_1364_.JPG

<セミナーデータ>
タイトル:長崎大学リレー講座2012 長崎からグローバルを考える
     第6回「世界の中で求められる新しい日本人像」
     寺島実郎氏(日本総合研究所理事長・多摩大学学長)
日時:2012年12月19日(水)19:00~20:30
場所:長崎大学
主催:長崎大学 共催:長崎新聞社

続きを読む

長崎大学リレー講座2012 為末大氏

長崎大学リレー講座2012は、サンカクスタジオのセミナーと重なっている回もあり、今年は半分しか出れませんが、今回(2回目)は来れましたので

レポートします。

<セミナーデータ>
タイトル:長崎大学リレー講座2012 長崎からグローバルを考える
     元プロ陸上選手 為末大氏「世界で戦うということ」
日時:2012年11月1日(木)19:00~20:30
場所:長崎大学
主催:長崎大学 共催:長崎新聞社

続きを読む

長崎大学リレー講座2011 第6回 内田樹氏

第6回目の講師は、内田樹氏。グローバリズムの正体、閉塞感の正体、我々の向かう方向など、大変興味深いお話でした。

<セミナーデータ>
タイトル:長崎大学リレー講座2011 東日本大震災後の日本を考える
 第6回「ポスト3/11の日本再生プログラム」
講師:内田樹氏(凱風館館長、神戸女学院大学名誉教授)
日時:2011年12月8日(木)18:00~19:30
場所:長崎大学
主催:長崎大学 共催:長崎新聞社
URL:http://www.nagasaki-u.ac.jp/relay-seminar/2011/

続きを読む

長崎大学リレー講座2011 第4回 村上陽一郎氏

リレー講座 第4回目の講師は、科学史、科学哲学、科学技術社会学の研究者である、村上陽一郎氏。
科学と技術の違い、科学の時代的変化と産業・行政との関わり、専門家・市民の科学に対するあり方などのお話でした。原発やGMO(遺伝子組み換え)にもふれた内容で、大変参考になりました。

<セミナーデータ>
タイトル:長崎大学リレー講座2011 東日本大震災後の日本を考える
 第4回「社会と科学・技術との新たな関係を問う」
講師:村上陽一郎氏(東洋英和女学院大学学長)
日時:2011年11月24日(木)18:00~19:30
場所:長崎大学
主催:長崎大学 共催:長崎新聞社
URL:http://www.nagasaki-u.ac.jp/relay-seminar/2011/

続きを読む

長崎大学リレー講座2011 第3回 家田仁氏

リレー講座 第3回目の講師は、家田仁氏。東京大学 工・社会基盤学教授で、東日本大震災の調査、復興計画にも関わっている方です。復興は進んでいるのかどうか、調査や議論を通じた感想、復興に関わっての論点と悩み、東日本大震災をどうみるかなどの話でした。

<セミナーデータ>
タイトル:長崎大学リレー講座2011 東日本大震災後の日本を考える
 第3回「巨大災害と社会基盤:その『進化』と課題」
講師:家田仁氏(東京大学大学院 工学系研究科教授)
日時:2011年11月11日(金)18:00~19:30
場所:長崎大学
主催:長崎大学 共催:長崎新聞社
URL:http://www.nagasaki-u.ac.jp/relay-seminar/2011/

続きを読む

長崎大学リレー講座2011 第2回 有馬利男氏

リレー講座 第2回目のテーマは、「地球的課題への対応を問う」でしたが、より正確には「“企業の”地球的課題への対応を問う」という内容でした。
日本及び世界に山積みになっているさまざまな課題に対して、企業は何をなすべきか、そもそも企業とは社会にとってどういう存在で、どうあるべきかという話でした。

<セミナーデータ>
タイトル:長崎大学リレー講座2011 東日本大震災後の日本を考える
 第2回「地球的課題への対応を問う」
講師:有馬利男氏(富士ゼロックス相談役特別顧問、グローバル・コンパクト・ボード・ジャパン議長)
日時:2011年11月2日(水)18:00~19:30
場所:長崎大学
主催:長崎大学 共催:長崎新聞社
URL:http://www.nagasaki-u.ac.jp/relay-seminar/2011/

続きを読む

長崎大学リレー講座2011 第1回 寺島実郎氏

昨年に引き続き、長崎大学で、リレー講座が行なわれたので、その内容をまとめました。

<セミナーデータ>
タイトル:長崎大学リレー講座2011 東日本大震災後の日本を考える
 第1回「激動の2011年をどう総括するか」
講師:寺島実郎氏(日本総合研究所理事長、多摩大学学長、三井物産戦略研究所会長)
日時:2011年10月28日(金)18:00~19:30
場所:長崎大学
主催:長崎大学 共催:長崎新聞社
URL:http://www.nagasaki-u.ac.jp/relay-seminar/2011/

続きを読む

長崎大学 寺島実郎リレー講座を振り返る

このリレー講座は、最初に書いたように、ラッピング路面電車を見て、たまたま知ったのですが、その後、関係者ともお会いし、わずかですがお手伝いもすることになり、全講座に参加させていただきました。
リレー講座全体について、まとめてみたいと思います。

続きを読む