ブログ」タグアーカイブ

「あなたも知らないあなたの未来」と「私が立てた私の予定」

次のようなメールが送られてきました。

「勝手ながら、あなたの事を鑑定させていただきました。
その結果、あなたは今、未来を左右する非常に重要な分岐点に立っていることがわかりました。
ものすごい力で千載一遇 のチャンスをつかむ姿が見えます。その一方で、不安の影が見えます。
(略。長文)
あなたも知らないあなたの真実とあなたの未来をズバリお教えします。思わず背筋が凍りつく的中率で、芸能界の大御所も感涙する、究極の赤裸々鑑定です。チャンスは今日1日。いますぐご確認ください。<リンク>」

ネットではよく見かける文章ではありますが、最近、この手のメールが増えている気がします。期待させつつ、脅すような、思わせぶりな文章。

原理原則的には、下記のとおりだと思います。

「未来は予知できない。人生に紆余曲折は付き物だ。誰ひとりとしてこれから何が起きるか確実に予測できない。人生は不確実であり、未来は未知である。これは良いとか悪いとかいう問題ではない。重力と同じで、そんなものなのだ」(ビジョナリーカンパニー4 自分の意志で偉大になる)

それ故に、将来を不安に感じる人は多いでしょう。
誰かに「未来をズバリ」教えてほしい。できれば、「きっと大丈夫」だと言ってほしい人は少なくないでしょう。

しかし、下記のことも言えます。

「偉大なマネジメント思想家ピーター・ドラッカーが言ったように、未来を予測する最高の方法(ひょっとしたら唯一の方法)は、自ら未来を創造することなのだ」(ビジョナリーカンパニー4 自分の意志で偉大になる)

そうなんです。
自分で計画して、準備して、実行すれば、自分の未来がそうなる可能性は高い。
「預言」ではなく「予定」になり、確実性が高まります。
なかでも、自分への投資は、決して無駄にはなりません。
これが「きっと大丈夫」にする一番の方法だと思います。

長崎大学リレー講座2012 日本マクドナルド 原田泳幸社長

原田社長は、2004年に、アップルジャパン社長から、日本マクドナルドCEOに就任し、それまで7年連続既存店売上高マイナスだったのを、8年連続でプラスに変えた人物。今年は、1~9月期で2.2%減となり「原田マジックが効かない」とも言われています。長崎大学リレー講座での講演内容をレポートします。<セミナーデータ>
タイトル:長崎大学リレー講座2012 長崎からグローバルを考える
日本マクドナルドホールディングス株式会社
代表取締役会長兼社長兼CEO 原田泳幸氏
「グローバル時代に求められるもの~マクドナルドの改革より~」
日時:2012年11月16日(金)19:00~20:30
場所:長崎大学
主催:長崎大学 共催:長崎新聞社

続きを読む

長崎大学リレー講座2012 為末大氏

長崎大学リレー講座2012は、サンカクスタジオのセミナーと重なっている回もあり、今年は半分しか出れませんが、今回(2回目)は来れましたので

レポートします。

<セミナーデータ>
タイトル:長崎大学リレー講座2012 長崎からグローバルを考える
     元プロ陸上選手 為末大氏「世界で戦うということ」
日時:2012年11月1日(木)19:00~20:30
場所:長崎大学
主催:長崎大学 共催:長崎新聞社

続きを読む

好きな本「ビジョナリー・ピープル」

土曜日(2月4日)に、本の交換会「ブクブク交換」に、初めて行きました。
今回のテーマは、(1)大切な人に贈りたい本、(2)恋愛が描かれている本。
私が持って行ったのは、(1)で、「ビジョナリー・ピープル」
「ビジョナリー・カンパニー」の著者の1人が書いた本で、私の好きな本です。

73-book0208.jpg

世の中では、「ビジョナリー・カンパニー」のほうが支持されており、私もこのシリーズは好きですが、「ビジョナリー・ピープル」のほうがより気に入っています。
「カンパニー」のほうが組織を、「ピープル」のほうが個人を研究テーマにしていますが、組織の成功と個人の成功は必ずしもイコールではなく、むしろ、相反する場合もあります。こういったビジネス書を読む人の多くは組織人であり、組織の成功、組織のなかでの個人の成功について興味があるため、「カンパニー」のほうが読まれているのではないかと思います。

続きを読む

長崎大学主催 寺島実郎責任監修リレー講座 第1回

長崎大学が主催するセミナーに行きました。<セミナーデータ>
タイトル:寺島実郎責任監修リレー講座「世界の構造転換と日本の進路」
第1回「2010年、世界の構造転換と日本の立ち位置」
講師:寺島実郎氏(日本総合研究所理事長 三井物産戦略研究所会長 多摩大学学長)
日時:2010年9月30日 (木) 15:30~17:00
場所:長崎大学
主催:長崎大学 共催:長崎新聞社

続きを読む

「何だか違う」と思ったら、立ち止まって考え、手を打ったほうがよい

「悪人」という映画が話題になっていますね。
予告編を見て、九州の言葉っぽいなあと思っていたら、長崎、佐賀、福岡を舞台にしていました。長崎県フィルムコミッションが、ロケ地のガイドマップを作っています。
映画は見ていないので感想は書けませんが、予告で次のようなニュアンスのセリフが気になりました。「仕事をしていたら1日があっという間に終わり、あっという間に1週間が過ぎて、気がつくともう1年」

そうなんですよ。あっという間に時間が過ぎる。光陰矢のごとし。

続きを読む

引っ越し 新宿→長崎

24年間住んだ東京・新宿区から、7月末に、長崎市に引っ越しました。

新宿区には、神楽坂に2年、早稲田に13年半、西新宿に8年半、住みました。

新宿は、とても好きな街です。
夜も働いている人がたくさんいる、というのと、街にいくつもの顔があり、いろいろな人がいるというのが、気に入っています。

続きを読む

相変わらず「光陰矢のごとし」

「光陰矢のごとし」と毎月書いていますが、相変わらずそんな感じです。

「いろいろやっていると、あっという間に時間が過ぎる」と、私がある人に言ったところ、「それは、いろいろやっているから、あっという間に時間が過ぎるんですよ。何もやることがないと1日長いですから」と言われました。

そうかもしれません。
今はいろいろとやることがあるのです。
やりたいからやっていることも、やる必要があるからやっていることも。

続きを読む

スピードブランディング実践塾(合宿セミナー)

土日(6月26日、27日)は、鳥居祐一さん主催の「スピードブランディング実践塾」に参加しました。神奈川県・三浦海岸のホテル、マホロバマインズ三浦での、1泊2日のセミナーです。鳥居祐一さんは、「お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか」「学校で教えない億万長者の授業」などの著書で知られる作家ですが、ご自身が、サラリーマンから独立2年でセミ・リタイアを果たしたというビジネスプロデューサーでもあります。
そして、その方法を書いた本が「スピード・ブランディング~普通の人がブランドを確立し、成功を加速させる」であり、今回の合宿は「実践塾」というわけです。

「実践塾」のテーマは、「ツイッターやブログなどのマイメディアを活用し、出版まで持っていく効果的なブランディング戦略」で、鳥居さんも合わせて7人のプロが講義を行ないました。
参加者は33名(講師、スタッフ除く/男性18名、女性15名)でした。

続きを読む