ビジネス」カテゴリーアーカイブ

長崎県のデータで驚いたことなど

明後日から早くも5月ですね。

4月は、自分にとって、新しいことが、おもに2つ。

1つは、ツナグバサンカクのスタート。1日からプレオープン、8日からグランドオープン、12日がパーティでした。

もう1つは、長崎大学で、毎週水曜日にキャリア概論の講義をすることになり、10日からスタートでした。

大学の講義のため、いろいろな統計を見ていて、改めて気がついたことがあります。
それは、長崎県の人口構成です。

下記の1~4は、2006年の国のデータから作成した表です。

まず、1と2を見ると、長崎県は、女性の比率が高いことがわかります。20歳以上のすべての年齢層で、女性の比率が男性の比率を上回っています。

人口構成_日本

人口構成_長崎県

そして、3を見ると、長崎県は、日本全国に比べて、5歳から19歳の男子の比率は高いものの、20歳から44歳という働き盛りの男性の割合が少ないことがわかります。

人口構成_男性

4を見ると、女性も同じ傾向です。

人口構成_女性

改めて書くと、働き盛りの年齢層の割合が少なく、高齢者の割合が多い、かつ、女性が多いというのが、長崎県の人口構成なのです。

ここで比較しているのは、アメリカでも、東京でもなく、日本全国であり、そのなかでも長崎は先を行っているというのが驚きです。

じつは、長崎県では「医療・福祉」の分野で働く人が多く、日本全国では11.1%ですが、長崎県は17.4%なのです(民間企業の従業者)。

医療福祉の従業者は、日本全国で、男性24%、女性76%と、女性の割合が高いのですが、長崎県は女性が多く、かつ、高齢者の割合が高いので、そういう結果になっているのかもしれません。

そうやって考えると、医療福祉の従業者の割合のみならず、いろいろなことが、この構成比、働き盛りの人たちが少ない、とくに男性が少ないことと関係しているのかなと思えたりします。

これまでの常識では、産業や経済活動において、若い人や働き盛りの人が少ないのは致命的なことでした。
けれども、活動拠点は「ローカル」でも、「グローバル」との関係は切っても切れないものになっているのが今の時代でもありますし、人口構成の特徴においても、何らかの新しい可能性があるのではないかと思います。

「AERA(アエラ)」 4/8号の「新浪剛史の地球が仕事場51」にも、商品の本流は、これまでの若い男性に好まれるボリューム満点な商品から、少量、ヘルシーに変わりつつあるし、「やり方次第で新しい市場は作れると思います」「ポジティブに思考を変えていきましょう!」と書いてあります。

―――

さて、ツナグバサンカクのスタッフブログとして書いた2つをリンクします。

今週の1冊:
4/22 ビジョナリーカンパニー4
「ビジネス本勉強会」で紹介した本です。何かに挑戦しようとしている人にとって、勇気づけられる本です。

4/29 ネクスト・ソサエティ
「ドラッカー勉強会」で紹介した本です。2002年に出された本ですが、書かれているのは、2022~27年頃のことと、それを踏まえた2012~2017年のこと。ですので、2002年から近未来の今読むと面白いです。

人は何のために働くのかということ

経営コンサルタントで、「社員のモチベーションは、会社の業績と全然関係ない」という人はけっこういます。

「社員が、目標を認識し、達成するための方法が明確で、達成して当然だと思っていればいいだけですよ。
行動計画が妥当なら、気合もモチベーションも関係なく、淡々とやればいいだけ」などと言います。

そして、「それ(合理的な方法と行動計画)を提案するのが、コンサルタント」と言ったりもします。

まあ、そうではありますが、人(社員)は何のために働くのかということだと思います。

「達成して当然。淡々とやるだけ」と、ゴルゴ13並みの仕事をこなす人は少ないと思います。
ゴルゴ13だって、お客さんに存在価値を認められ、期待され、自分しかできない仕事だという自負をもっているからやるんだと思いますよ。

「凡人」は、たとえ自分に夢がなくても、すごいビジョンを語る社長や、自分を認めてくれる仲間がいて、自分が強く求められていると思うとき、人のために、自分のコンフォートゾーンを超えて、「そこまでやる」ことができると思います。

逆に、「そこまでやろう」とした人も、自分の気持ちをないがしろにされたと思ったら、憑き物が落ちたように、やる気をなくし、そこまでやらない、やれないでしょう。

何のためにやるのかは重要ですし、人の感情やモチベーションは大切だと、私は思います。

新将命氏講演会「企業を伸ばすリーダーの条件」

福岡で開催された、新将命氏の講演会に行きました。
新氏にお目にかかるのは、随分前に取材させていただいて以来で、とても楽しみでした。
アップテンポで、リズミカル、聴衆を巻き込んでいく、エキサイティングな講演でした。

<セミナーデータ>
タイトル:企業を伸ばすリーダーの条件
     ~次代のリーダーが目覚めれば会社は強くなる~
日時:2012年12月13日(木)19:00~21:00
場所:博多都ホテル
主催:福岡ビジネスパーソンキャリアアップの会

■新将命氏プロフィール 1939年東京生まれ。株式会社国際ビジネスブレイン代表取締役社長
シェル石油、日本コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップスなどグローバル・エクセレント・カンパニー6社で社長職を3社、副社長職を1社経験。住友商事のアドバイザリー・ボード・メンバーも務める。

続きを読む

モラトリアム法案(返済猶予法案)に、経営者が危惧すること

例の、中小企業の融資の返済を猶予する「モラトリアム法案(返済猶予法案)」ですが、帝国データバンクの調査結果が出ています。⇒帝国データバンクのニュースリリース

これによると、中小企業で「賛成」は27.0%、「反対」は38.4%、「分からない」は34.6%、また、中小企業で申請を「検討する」は13.0%、「検討しない」は63.6%、「分からない」は23.4%となっています。

続きを読む