経営者のためのイベント「東京ビジネス・サミット」

中小企業を結びつけるサイトとイベントのうち、まずイベントを紹介します。

明日、11月4日から、東京・有明の東京ビッグサイトで、次の3つのイベントが開催されます。
■「第23回東京ビジネス・サミット2009」~日本最大級!!経営者のためのビジネスマッチング・イベント
■「中小企業総合展2009 in Tokyo」~日本最大級の中小企業マッチングイベント
■「第12回産業交流展2009」~中小企業による国内最大級のトレードショー

それぞれ、日本(国内)「最大級」の中小企業(経営者のための)イベントということですが、ビジネス・サミットはベンチャー・リンクの企画・運営で5日まで、総合展は中小企業基盤整備機構の主催で、産業交流展は東京都を中心とした主催で、いずれも6日までの開催です。出展企業は合計2049社となっているようです。

tbs.jpg

なお、これらのイベントは、ひとつの入場票で全部の入場が可能です。

          ◆ ◆ ◆

企業経営において、新規の取引先というのは、いうまでもなく重要な意味をもっています。
自社に仕事を頼んだり、自社の商品やサービスを利用してくれるお客さんが増えれば、売上が増えますし、逆に、自社から仕事を頼んだり、自社に商品、サービスを提供してくれる先が充実すると、よりよい仕事ができるようになり、競争力が高まります。

そこで、企業はつねに新規の営業を行なったり、新しい取引先を探しているのですが、見込み先を探して、実際に会って話をするとなると、地域も限られ、時間もかかります。
中小企業の場合、営業がいないところ、営業したことのないところもあります。後者には、これまで下請け企業として、あるいは公共の仕事を請け負ってきて、営業は必要でなかったのが、今、仕事が減少し、困っている会社もあります。

「どこかいい先がないか」と探している企業同士の出会いの場が、マッチング・イベントであり、効率的に相手(取引先)を探すことができます。

東京ビジネス・サミットは、私が公式サイトの開催報告を担当しているので、掲載したら連絡します。

■東京ビジネス・サミット
■中小企業総合展
■産業交流展

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.masakokawasaki.com/mt/mt-tb.cgi/26

コメントする

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、川嵜昌子が2009年11月 3日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「近況&企業の売上とGDP」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて