■なりたい自分になるヒント

7~9月号

7月号 仕事に愛情は必要ですか?

「愛情」「愛」などという言葉は、普通の職場では違和感を感じる、かなりうさん臭い言葉ですよね。
ビジネスの目的は利潤の追求ですが、利益をあげるということを真剣に考えると、「顧客満足」はもちろん、「社員の満足」「パートナー企業の満足」など、関わる人すべての「Win-Win」の実現というところに行き着きます。それには、ベースに「Win-Win」を望む気持ち、実現する原動力が大切で、それが「愛」なのではないかと思うのです。
     
しかし、現実の職場や仕事は愛情に満ち溢れているのかというと、そんなことはないでしょう。
クライアントや上司、部下、同僚、外部の協力者など、仕事で大きく関わり、連携をとる必要がある場合でも、自分とまったく価値観が違い理解し合えない人とは、かみ合わず、空しさや怒りを感じたりします。たとえば、男尊女卑の人や、否定的で後ろ向きな考えの人、すぐ切れる人など。
「この人の『良心』に訴えよう」と努力しても思い通りにいかないこともあり、だからと言って、「許そう」と思えるまでにはなかなか至らないのではないでしょうか。
     
自分が愛情を注ぐことのできる範囲は精神的なキャパシティと関係していて、自分にゆとりがないと、相容れない他人の存在を認められるようにはならないと思います。
まずは「自分への愛情」が基本で、たとえ今の自分を好きになれなくても、自分という存在を認めることが大切です。


そして、自分や相手の「ハッピー」や「成長」を考えると、「自分にとっての、この人たちにとっての未来はどうあるべきなのか」「そもそも自分の使命は何なのか」など、いろいろと考える必要が出てきます。そうすると、ビジネスだけでなく、人生全体や生き方にも関わってくるのです。

このテーマは大きく、真面目に考えれば考えるほど、「思い」「理想」と「行動」「現実」とのギャップを認識すると思います。
それでもまずは、「あまり大それたものと考えず、ちょっとした思いやりを持つ」ことから始めて、徐々に、自分の愛情の範囲を広げていけばいいのだと思います。

1月号 10年後の自分、想像できますか?
2月号 仕事を通じて日々成長していると思う?
3月号 仕事と私生活で、性格が違う?
4月号 春。一歩踏み出したいけど、不安?
5月号 思い通りにいかないときは、この人を呼ぼう
6月号 株や宝くじで3億円儲かったら、仕事辞める?
7月号 仕事に愛情は必要ですか?
8月号 自分の仕事の「品質」にこだわっていますか?
9月号 休み明け、元気に働くワザありますか?
10月号 目的、目標をもって仕事をしていますか?
11月号 仕事のために本を読んでる?
12月号 チームワーク、うまくいってますか?

・なりたい自分になるヒントTOP

・HOME

「イー・ウーマン・オブ・ザ・イヤー2008 議長部門」を受賞しました
イー・ウーマン・オブ・ザ・イヤー2008盾

イー・ウーマン「働く人の円卓会議」(川嵜担当 2009~2000年)円卓会議

 
 
Copyright (c) Masako Kawasaki